Business Continuity Plan

事業継続計画・防災

Prioritizing safety/security and business continuity in a disaster.

Advanced countermeasures in case of a disaster.
Protect employee safety and enable business continuity.

免震装置(参考写真)

Base Isolation (reference photo)

免震装置(参考写真)

Base Isolation (reference photo)

耐震レベルは建築基準法の1.5倍

Seismic resistance level is 1.5 times higher than
the Building Standard Law

官庁施設の耐震基準に当てはめた場合、防災業務の拠点となる特に重要な官庁施設に必要とされる耐震安全性「I類(建築基準法上の1.5倍程度)」相当に該当します。

When applied to the seismic standards for government facilities, the building is equivalent to Class I seismic safety (about 1.5 times higher than the Building Standard Law), which is required for particularly important government facilities that serve as centers for disaster prevention operations.

地震の揺れを吸収する免震構造

Base isolation to absorb seismic motion

免震層の積層ゴムと大型のオイルダンパーにより地震のエネルギーの大部分を吸収、建物上部に入力する地震力を低減することにより、建物の変形を耐震建物や制震建物の1/3程度に抑えます。設定方針として、大地震後、躯体を補修することなく建築物を使用できることを目標とし、人命の安全確保に加えて十分な機能確保が図られるように設計しています。

The rubber bearings and large oil dampers in the base-isolated layer absorb most of the energy of earthquakes and reduce the seismic force input to the upper part of the building, thus reducing building deformation to about 1/3 that of earthquake-resistant or vibration control buildings. Our design policy intends for the building to be usable after a major earthquake without repairing the building frame, in addition to ensuring the safety of human life and sufficient functionality.

オイルダンパー

Oil dampers

東海・東南海地震などで発生が予想される長周期地震動など継続時間が長い地震動に対して、高く安定した減衰性能により、揺れを早く収束させます。

Oil dampers provide high and stable damping performance that quickly suppresses long seismic motion, such as the long-period seismic motion expected to occur in future Tokai and Tonankai earthquakes.

CFT柱

CFT columns

鉄骨の鋼管の中に高強度コンクリートを充填した高い剛性と耐力を有するCFT柱を採用しています。

The building features CFT columns, steel tubes filled with high-strength concrete for high rigidity and strength.

断水時トイレ利用可

Toilets Still Usable when Water Supply Is Cut Off

雑用水槽容量を約3日分、排水貯水槽を3日分確保。さらに、マンホールトイレの設置
(6ヶ所)により災害時や下水管断絶時でもトイレのご利用が可能となります。

A miscellaneous water tank and a wastewater storage tank are provided, each with approximately 3 days’ capacity. Manhole toilets have also been installed in 6 locations for tenant use in times of disaster or when sewage lines are cut off.

防災備蓄倉庫

Emergency Provision Storage

災害時のオフィス待機に備え、水や食糧、毛布、防災用品などを備蓄しておくことができる防災倉庫を各階に用意しています。

Storage space is located on each floor for emergency provisions. Water, food, blankets, and other emergency supplies can be stored in case tenants are stranded during a disaster.

異経路2回線受電

2-line Power Receiving System

本線および変電所の異なる予備線の2回線で受電する2回線受電方式を採用しました。
1回線が故障しても他の回線から受電でき、送電系統のトラブルにも対応可能です。

A two-line power receiving system is adopted, in which power is received from the main line and a backup line with a different substation. Even if one line fails, power can be received from the other line, making it possible to withstand problems in the power transmission system.

災害時に備える非常用発電

Emergency Power Generation in Case of Disaster

災害時もエレベーター、スプリンクラー、排煙機などビルの機能や非常時の設備を維持するために、非常用発電機を設置。万一外部からの送電が途絶えた時も、下記設備に電源供給し、帰宅困難者対応およびテナントの事業継続に必要な機能を最大72時間維持できるよう計画しています。

An emergency power generator has been installed to maintain the building’s functions and emergency equipment such as elevators, sprinklers, and smoke evacuators even during a disaster. Even in the unlikely event that power transmission from outside the building is interrupted, power will be supplied to the equipment listed below. Plans are being made to maintain the functions necessary for supporting people who have difficulty returning home and enabling tenants to operate their businesses for up to 72 hours.

物件概要

名称

新虎安田ビル

所在地

東京都港区新橋4丁目9番1 他(地番)

建物用途

事務所・店舗・貸会議室・駐車場

竣工

2024年2月(予定)

敷地面積

2,234.19㎡

建築面積

1,777.63㎡

延床面積

25,819.97㎡

規模

地上14階・地下2階・塔屋2階

構造

SRC造(一部S造・RC造)

耐震

免震構造

駐車場

37台(機械式30台※・自走式3台・荷捌き用4台)
※全長5,300mm・全幅1,950mm・全高2,000mm・重量2,500kg

バイク置場

3台

駐輪場

28台(事務所用18台・店舗用10台)
※別途、敷地内に港区シェアサイクルポート(13台分)を設置

設計・監理

株式会社松田平田設計

施工

清水建設株式会社

設備概要

電源設備

高圧6.6kV・2回線受電
非常用発電機:1,000kVA×1台
テナント用発電機:150kVA×2台分の設置スペースあり

情報通信設備

MDFまで光ケーブル敷設
TV共聴設備各階EPSまで敷設

セキュリティ設備

非接触ICカードによる電気錠方式+有人管理

昇降機設備

乗用5機(20人乗・1,350kg)・非常用2機・貸会議室専用1機

貸室概要

オフィス階

3階~14階

基準階面積

1,323.03㎡(400.21坪)

基準階天井高

2,800mm(3階・14階のみ3,300mm)

基準階 階高

4,300mm

OAフロア

100mm(14階のみ300mm)

床荷重

500kg/㎡(ヘビーデューティーゾーン1,000kg/㎡)

天井方式

グリッド型システム天井(600mm×600mm)

照明設備

LED照明(平均机上照度700lx)

コンセント容量

50VA/㎡(75VA/㎡まで増設対応可能)

空調設備

個別空調
(空冷ヒートポンプマルチパッケージ方式・冷暖フリー型)

空調増設対応

各階に設備バルコニー設置

ガス設備

14階のみ引込み(厨房・テストキッチン対応)