CSR / 企業の社会的責任

旧安田財閥の創始者、安田善次郎翁は数々の事業を展開する一方で、東京帝国大学に安田講堂、東京市に日比谷公会堂を寄贈するなど社会事業にも貢献しました。
その志を受け継ぐ私たちも、社会の一員として、社会に愛され、求められる企業を目指しています。


コーポレートガバナンス方針

当社は、遵法精神と高い倫理観のもと、公平・公正で健全かつ効率的な経営を行います。
また、経営の透明性を確保するために、役員および従業員が遵守すべき基本的な事項を経営理念・行動指針として明文化・公表するなどの措置を講じます。

コンプライアンス方針

当社は、業務の遂行において法令・社内規程等を遵守し業務を適正に行い、常に社会的良識に基づいた公正・誠実な行動をとります。

環境方針

当社は、環境問題への対応を重要なテーマと捉え、人と環境との共生に積極的に取組みます。

  1. 1.環境に関する法規制の遵守

    環境関連法令・条例等を遵守し、環境の保全に努めます。

  2. 2.省エネルギー・省資源の推進

    環境負荷を低減させるために、環境に配慮した省エネルギーシステムの導入、限りある資源の有効活用を推進します。

  3. 3.循環型社会の形成への寄与

    企画・設計だけでなく、施工・管理運営・解体にいたる全ての段階で、廃棄物の削減、リサイクルを推進し、循環型社会の形成に努めます。

社会貢献活動方針

当社は、都市開発等を通じた地域の整備・活性化を軸として社会貢献活動を推進します。

大磯寮一般公開

旧安田家の別邸がある大磯は安田善次郎翁が愛したゆかりの地。庭園には国の重要美術品があり、毎年サツキの開花時には一般公開されます。

芸術作品の設置

心なごむ芸術作品を街並に設置。作家のみならず、学生にも発表の場を与え、彼らの育成にも力を注いでいます。現在15点が存在します。

屋上緑化

ヒートアイランド対策、CO2吸収効果による地球温暖化対策として、屋上緑化に取組んでいます。写真は神田橋安田ビル屋上の様子です。

ページトップへ