建物づくり、まちづくりを通して安田不動産の顔をたくさんつくりたい! 安田ファシリティワークス㈱出向 FM第二部 2018年入社 藤岡 純平 建物づくり、まちづくりを通して安田不動産の顔をたくさんつくりたい! 安田ファシリティワークス㈱出向 FM第二部 2018年入社 藤岡 純平

Q1

現在どんな仕事をしていますか?

「建築を通してお客様に貢献する仕事。」

入居されているお客様のフロア環境の品質向上に向けた改修工事、入退去されるお客様に対する請負工事業務や安田不動産に対する技術的なサポートなど建築工事に関する幅広い業務を行っています。請負工事業務では、指定工事会社としてお客様との信頼関係を築きお客様の要望に応えるべく、ビル側の設備面から工事概要を把握していき、レイアウトの検討や図面のチェック、見積金額の精査、工程・品質の管理に関して、お客様や様々な協力会社との折衝を重ねながら日々の仕事に取り組んでいます。安田不動産をハード面でサポートし、様々な部署と関わることができる点は、安田ファシリティワークスの仕事の面白さです。建築に関する専門的な知識が必要とされ、なおかつ、プロジェクトの担当者としてお客様の窓口ともなるので、日々プレッシャーを感じる刺激的な仕事だと思います。しかし、社内には専門知識を多く持つお手本となる先輩社員が多くいるため、毎日多くのことを吸収できるよう励んでおります。

Q2

学生時代を振り返って…どんなことに熱中していましたか?

「建築を通してまちに貢献できることを考えた学生時代。」

まちには、様々な人々が行き交い、歴史も地形も用途も様々であり、複雑な問題も多々あります。それに対して、建築を通してハード面・ソフト面でどのような貢献の仕方があるのか。私の研究室は、建築や都市の歴史から現在の都市の在り方を追求していく研究室でした。学生時代の設計課題では、空き家を利用したまちづくりや歴史的建造物を再利用した提案などを行っていました。その中で私の一番印象に残っていることは、研究室のプロジェクトの一環で「外濠」を利用して水辺で音楽コンサートを開催したことです。ここでは、歴史上重要な存在であった「外濠」を有効活用し、水辺にコンサート会場を設営してコンサートを行うことで、水辺の魅力的な空間を創出するというプロジェクトでした。現在注目される水辺の活性化によるまちづくりに対し、建築を通してハード面・ソフト面からまちづくりに貢献する貴重な経験ができました。学生時代を通して、建物は作るだけでなくそれを活かしてまちに貢献していくことが大事であることを学び、その考えを持ちながら安田不動産で働いていきたいと思います。

Q3

安田不動産に入社した理由は?

「様々なまちづくりを行うことができるから。」

就職活動を行う際に、まず他社との比較を行っていました。就職活動中は、建築を通してまちづくりを行いたいと思っていましたが、その中でも特に印象に残ったのが安田不動産のまちづくりでした。他社に比べ、大規模な開発事例は少ないですが、小さい規模での開発は多く行っており、エリアマネージメントも徹底されていました。私が学生時代に考えていたまちづくりはここにあるのではないかという印象を一番強く受けた会社でもあったので、入社を希望しました。限られた人員であるがゆえに、それぞれの事業に一気通貫して関わることができ、真剣にまちづくりに向き合える環境が備わっていることは、安田不動産の面白さだと思います。

Q4

学生さんへのメッセージ

「数多くの人と会話をし、自分の本当にやりたいことをみつけること。」

就職活動を通して、恥ずかしいほど自分を見つめ直し、本当に自分が将来やりたいことは何か真剣に考えました。研究室の同期と自分の考えが合わず、討論になることもありましたが、就職活動を通して企業の人や他大学の就活生と数多く話していく中で、自分のやりたいことを探していきました。共感できる人やできない人、様々な人がいましたが、いろんな人の意見の中で自分の考えを見つめ直していくことで、本当にやりたいことがみつかりました。就職活動中は、自分一人で悩むのではなく、多くの人との会話の中で悩み、自分の考えをまとめていくことが大事だと思います。今でも就職活動中に出会った友達と飲みに行ったり意見交換しているので、就職活動は貴重な経験です!


社員の仕事紹介トップ

ページトップへ